働く場所にこだわりがない人にお勧めな東京のバーチャルオフィス

オフィス街の風景

地方の企業が東京に進出する場合に手ごろなバーチャルオフィス

オフィスビル

地方の企業が東京に進出する場合にネックになっているのが、貸事務所に入居するときに必要な保証金と高額な家賃です。しかしバーチャルオフィスを利用すると、住所の面で東京への進出を実現することが容易になります。最近ではネットで商談を行うケースも多く、バーチャルオフィスでも十分に東京への進出のメリットを実感することができます。また単に東京に拠点を設けるだけではなくて、将来的に本社を移転させたいと考える地方の企業経営者もいます。
会社の登記にも対応したバーチャルオフィスの利用プランを選ぶと、人気のある地名を本社の住所として活用できます。普段は地方にあるオフィスで業務を行う場合でも、時には東京の取引先を訪れたり直接面会して商談を進める必要があります。貸会議室のサービスと連携しているバーチャルオフィスの契約プランを選ぶと、商談やセミナーの会場の確保も容易になります。
また営業で様々な企業を訪れるときには、パンフレットなどの資料を用意することも重要です。オプションでロッカーの利用プランも追加すると、ビジネスで必要な資料などの保管も容易になります。更に秘書サービスを併用すると、社員が少ない企業も迅速に電話の問い合わせに対応することが可能です。

PICK UP

TOP