モテる身体つくりはランニングとプロテイン併用がおすすめ

僕は基本的に週2回、外でランニングをします。

時間帯は暗くなる夕方です。

ランニングコースの途中に公園があるので暗くなって、人がいなくなるタイミンを狙って公園の器具を使って筋トレをしています。

筋トレの時間はだいたい10分。時間よりも回数×セットでこれをしています。

時間よりも回数×セットでこれでいます。

僕が筋トレをする狙いは「健康のため」、「モテる身体つくり」なのは女の子に好かれそうな状態を狙って鍛えています。

主に腹筋、腕全般、胸筋です。

これを公園の器具を用って鍛えています。

ジムに通って、公園で運動したほうが倍速で効果が実感できました。

外で運動したほうが筋肉痛になりやすい、身体負荷がかかりやすいですが気がするところで公園は筋トレに最適です。鍛えた部隊は次回は避け、鍛える部隊はローテーションをしています。

これによって筋肉痛回復の妨害もなくなるのでバランシングよく筋肉が付けられます。

もちゃんんはプロテインを飲みます。

僕は海外製の無添加プロテインを飲んでいます。健康面によりより検討しています。

僕は元々、小柄でひょろっとした細身体でした。外での筋トレは1年ほどがんばって続けていました、ワンシーズンくらい頑張ってみたてで簡単にムキムキになりました。この継続的承継より健康で魅力的な肉体を目指します。

独学の筋肉トレーニングは限界がある

筋力トレーニングは若い頃から行っていましたが、独学による練習にはどうしても限界がある様に思います。

学生時代、私は短距離走をやっている筋力トレインニングを本格的に始めたのも丁度そでにしました。

元々父親がボディ – ビルをやっていたから家には本格的なベンチプレスやスクワットの器具がいっぱいでした、学生時代にはジムに通らなくてもトーニング用に不自由はしませんでした。

しっかり、身近に練習できる環境が整っていると他と怠けてしまうようなもので、最初のうんは1週間くらいトレーニングしたら、間がかって空いてしまった感じがしました。

その頃の筋トレ内容とは、ベンチプレスやスクワット等の基本的なものなどが分かりませんが、その2種目をメインに頑張っていましました。

目的としてははは、筋肉を大きくしているものもありましたけど、主にバーベルの重量を挙がるようになるのをざしていました。

それで学生を卒業し、上京してからも筋トレを継続したたが、今までの様に自宅でトレーニングすると訳にはなしてしまったので、近くの体育館のトラニグルームやバーベトレーニングを教えてくれるジムに通すようになっていました。

ジムに通るようになってしまったので、独学で筋力トレーニングの本等を頼りにしていましたが、ベンチプレスにしても、教本どうりに実践してみたら、ある程度まで重荷を持っているようになってしまった、そして、重荷をとってと思ったら、上上時の形など細かい部分の改善をしていない、難しいなと感じました。

また、独学だと自分分け1人で黙々とトーニングしていけないということでも自分を甘くしていますが甘いかしていますが、意外と伸びていますようです。

現実的に私もベンチプレスで50キロ、スクワットで80キロ、独学の時よりアップしました。今も実家に戻って、一人での筋トレとなっています、自分を甘やかにして、体の方も中々伸びていないようです。

また年齢にも人間生の後半に差し掛かりましたので、これから健康維持の為の筋トレを行っていて思っています。

なみにちこくれかなら筋肉トレーンニコニコブログをすてる時にはメタルマッスルが1番効果が高いのでおすすめしたいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *