働く場所にこだわりがない人にお勧めな東京のバーチャルオフィス

オフィス街の風景

東京でバーチャルオフィスを利用するならお洒落なところにしよう

お洒落なデスク

起業する際、東京で事業用のオフィス物件に入居すると、非常に高額の賃料負担を負うことになる場合が多いです。自宅拠点で実務を十分にこなせる場合は、むしろバーチャルオフィスを利用して、仕事のための住所と電話番号をレンタルして安くあげる方が得策でしょう。
バーチャルオフィスと新たに契約しようと思えば、東京のように多くのバーチャルオフィスがあるところでは、どこにすればいいか迷ってしまうかもしれません。東京で自分のニーズにぴったりのバーチャルオフィスを選ぶコツとしては、まず予算内の利用料金で済むことが一つのチェックポイントとなるでしょう。もし、会議室の利用を予定しているなら、会議に使える部屋が併設されているバーチャルオフィスに選択肢が絞られます。そして、ミーティングの頻度次第では、できるだけ自宅から楽に移動できるエリアにあるバーチャルオフィスを選んだ方が、移動時間を短縮できて便利です。会議室付きバーチャルオフィスを借りる場合は、できるだけお洒落で快適なところを探しましょう。バーチャルオフィスの会議室で顧客やパートナー、自分が講師を務めるセミナーの受講生と会う場合、お洒落なバーチャルオフィスの方が印象が良くなります。東京なら、こうした条件を兼ねそなえたバーチャルオフィスは沢山見つかるはずです。

起業のハードルを下げられる東京のバーチャルオフィス

起業するのに向いたアイデアや経験を持っているものの、資金面が不安でなかなか起業に踏み切れない人は沢山いるでしょう。東京で起業したい場合は、資金面での不安の大きな要因となっているのは、オフィス賃料かもしれません。しかし、東京には、バーチャルオフィスも沢山あるので、こちらを利用することで、オフィス賃料の問題は解決できます。バーチャルオフィスは、オフィス物件の賃貸契約を結んで入居するのではなく、オフィスのアドレスと電話番号を借りるサービスです。
レンタルで取得した東京事業所のアドレスは、起業した会社のホームページに載せたり、営業活動で使う名刺に印刷するなどの使い方ができます。物件に入居してオフィススペースを使うわけではないことから、料金が極めてリーズナブルで、フリーランス、ベンチャー、起業家などの方々に幅広く活用されています。
バーチャルオフィスを使うという選択によって、収入が安定しないうちから多額のオフィス賃料を固定費として負担する不安も払拭できるでしょう。また、オフィス家賃を払うことを前提に起業資金を貯めるよりも、はるかに楽な目標設定に変えられるはずです。コスト面で起業のハードルを大きく下げてくれるバーチャルオフィスを活用してみましょう。

テレワークにシフトする企業が注目する東京のバーチャルオフィス

近ごろではテレワークを推進する企業が増えており、1週間当たりの出社回数が3日程度の人も多いです。またコスト削減のために完全なテレワーク化を実現するために、東京のバーチャルオフィスを活用する企業もあります。特に東京の一等地のビルに入居している企業は、バーチャルオフィスを使って完全なテレワークにシフトすることで大きなコスト削減が実現できます。またコスト削減で企業の経営体力が強化されるので、想定外の天変地異が起きた時でもビジネスを継続できるようになります。
しかし初めて東京でバーチャルオフィスを利用する場合には、信頼できる運営会社のサービスを見つける必要があります。特に審査が厳格で堅実にビジネスを行っている企業だけが利用できるバーチャルオフィスは、銀行の法人口座の開設も容易な点が魅力です。
また通常は完全なテレワークを行っている企業でも、研修や商談では会議室のようなスペースを確保する必要があります。貸会議室やロッカーも利用可能なバーチャルオフィスを選ぶことが、効率よく企業活動を進めるためのポイントです。またリアルな事務所がなくても社会保険への加入は可能であり、社員の福利厚生を考えながらビジネスを行えます。

PICK UP

TOP